ターミネーターでおなじみのT800を3Dプリントしてみました


terminator_t800_3dprint_01
本日はthingiverseサイトで転がっているフリー素材を3Dプリントするシリーズです。
今回の素材はアーノルドシュワルツェネッガー主演で話題になった、近未来映画ターミネーターで登場する量産型ターミネーターT800の3Dモデルがあったため、3Dプリントしてみました。

terminator_t800_3dprint_02
サポートが立つようなオーバーハング形状だらけのモデルですが、Simplify3Dを使えば向かうところ敵なし!

terminator_t800_3dprint_03
こんな感じでサポートを立ててみました。除去するのが大変そうですが、他のスライサーと比較すれば楽なものです。

terminator_t800_3dprint_04
完成予想通りにサポートが付いて3Dプリントされました。内部の密度は20%、十数時間で3Dプリントは完了です。

terminator_t800_3dprint_05
サイドもサポートでギッシリです。まだ内部の表情や骨格などがゼンゼン見えてこない状態です。

terminator_t800_3dprint_06
サポート、後側から

terminator_t800_3dprint_07
サポート、斜め後ろから

terminator_t800_3dprint_08
サポート除去後、斜め後ろから
骨格や内部構造がシッカリ見えてきました。

terminator_t800_3dprint_09
パワーセル(核エネルギー)が入っていることで有名なT800の頭。ちゃんとフタの境目までもが再現されております。

terminator_t800_3dprint_10
こちらのT800モデル、弊社オフィスに飾ってありますのでお気軽にご覧になってください。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player