平面的に見えて実は全てが球面なのです


st_camera_sphere_01
昨日紹介しましたボードカメラ案件の続きがこの謎の物体です。
これはカメラレンズの出口になる化粧窓です。

st_camera_sphere_02
基本的な面はフラットな面に見えますが実は全てが球面で構成されている、モデリングが難しい形状になっております。
基準円に対して同心円を使って全ての形状を構成しているため、通常のモデリングの5倍位の時間をかけてモデリングしております。

st_camera_sphere_03
詳細の作りこみも、角を丸めたり適度なフィレットを入れて工夫しております。
この形状を実現するために数時間悩みました。見れば単純な形状ですが、モデリングしてみると奥が深い形状です。

電子機械のデザイン、設計、モックアップ製作など弊社にご相談くださいませ。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player