プラモパーツスケールアップモデリング


plastic_model_parts_scale_up_modeling_01
今回のご依頼はプラモデルパーツの一部をスケールアップして3Dプリントして欲しいという案件です。写真を見てお分かりの通り元のパーツはとても小さく透明で3Dスキャンは不可能な形状です。

plastic_model_parts_scale_up_modeling_02
クライアント様に取付相手であるパーツをお借りして2Dスキャン。このスキャンデータに照らし合わせてモデリングを進めていきます。(SolidWorks)

plastic_model_parts_scale_up_modeling_03
スキャンデータを見ながら微妙な面を調整していきました。

plastic_model_parts_scale_up_modeling_04
3Dプリントのオーダー個数は4個でしたので4個をランナーでつなげて一体化。このまま3Dプリントします。

plastic_model_parts_scale_up_modeling_05
アクリルによる3Dプリントが完了しました。
既存品が1/43スケールだったのに対して今回は1/24スケールにスケールアップしております。

plastic_model_parts_scale_up_modeling_06
以上のように弊社では3Dスキャンできないような素材であっても3D-CADを駆使して立体データをお作りすることができます。

plastic_model_parts_scale_up_modeling_07
一度データを作成してしまえば3Dプリントは何個でも可能です。こうしてオリジナルのプラモデルパーツをカスタマイズして製作することにより他には無い自分だけの作品を作り上げることができます。
アクリル以外にも色々な素材がございますのでお気軽にお問い合わせください。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player