あッ3Dプリンター屋だッ!!を訪問ムトーエンジニアリング社製ML-48を拝見


nakano_3dprinter_mutoh_ml48_01
3Dプリンター関連の仕事で東京出張した際に、近くにある3Dプリンター施設を訪問してみようと決めていました。今回は中野が近かったため、中野ブロードウェイの地下にある「あッ3Dプリンター屋だッ!!」を訪問してみることにしました。
中野の駅から降りて一歩出た瞬間そこは高齢者の原宿のような感じで、デジタルファブリケーションを想像させるような材料はどこにもありません。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_02
中野ブロードウェイの地下は食品街で色々な食べ物やさんが軒を連ねています。そんな中突如として現れるのがこの「あッ3Dプリンター屋だッ!!」です。
ご覧の通り各種メーカーの3Dプリンターがズラリと手前と奥に並んでおります。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_04
nakano_3dprinter_mutoh_ml48_05
ムトーエンジニアリングのMF-500、やっとMFシリーズもオリジナリティある筐体になった感じですね。
小型ですがこれまでのMFシリーズの精度を踏襲していますのでスライサー次第では精度の高い3Dプリントが可能であると思います。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_06
3Dプリンターは時間貸しもしているようでした。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_03
更にここには3Dプリンターでプリントした様々な作品も展示されております。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_07
引き出しにゴチャゴチャっとつめ込まれた3Dプリント品の数々、やはり3Dプリントを置くお店はこうあって欲しいですね♪

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_08
ランプシェイドが12,000円で販売されておりました。この大きさでこの形状で12,000円は3Dプリント品としてはかなり安い価格設定だと思います。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_09
i.materialiseさんの得意とするセラミックによる3Dプリント品も展示

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_10
この辺のものは昨年のMaker Faire Tokyoで拝見しました。iPhoneのジャラジャラケース!(iPhone5系用)

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_11
こちらはiPhone6用ケース、4000円これも3Dプリント品としては安い価格設定ですね。よりコンシューマに近づいている気がします。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_12
こちらもMaker Faire Tokyoの時に触りましたが、3Dプリンターで作られた衣装です。パリコレで登場しそうな独創的アイデアですね。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_13
実際着てみると重たそうな気もしますが…ちなみに試着はできません(笑)

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_14
服もあれば靴だってある!硬さは設計でなんとでもなりますが、これはさすがに硬そうですね(^_^;)

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_15
前置きが長くなりましたが本日の本題はコレです。今年1月の3D Printing 2015で試作機としては実機を見たことがあったのですが、より製品版に近い物(実際に3Dプリントできる)を見るのは初となります。
ムトーエンジニアリングが発売予定の新型の光造形機「ML-48」です。
武藤工業としてこれまで3D SYSTEMSのPROJET1200は発売してきましたが、完全な自社製品はこれが初となります。造形サイズもPROJET1200と変わらない程度の小型光造形機です。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_16
光造形による3Dプリントサンプルが手前にいくつか置いてありました。見ての通り先端が尖ったものでも先端形状を忠実に再現できる細かさです。積層ピッチは25μm。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_17
光硬化樹脂が入る容器が内部に見えます。プロジェクタのDLP方式ですので、光が走るタイプの光造形と比較して造形時間は速くなります。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_18
これが純正の光硬化樹脂、内容量は50gで小さな小瓶に入っています。光硬化樹脂は劣化が早いため使いきれるサイズにしてできるだけ新鮮な状態の光硬化樹脂で3Dプリントできるしくみです。

nakano_3dprinter_mutoh_ml48_19
ML-48は小型機ですが、PROJET 3500HDのようなサイズの機械までも自社ブランドで製造するのかも気になる所です。ちなみにムトーエンジニアリングの熱溶解積層法式3Dプリンターは大型機が最初で小型機が後に販売されており、MF-2000、MF1000、MF-500の3サイズのラインナップがあります。光造形機の場合は使用するマテリアルが危険物であり、使用する環境や設備も整備しなければならないことを考えると大型の光造形機は販売されたとしてもコンシューマ向けではなく企業向けの機種になることが予測されます。
最近ではXYZプリンティングから20万円代の小型光造形も販売されておりますし、そことの差別化も気になるところです。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player