Maker Faire Tokyo 2014 i.materialiseブースの3Dプリント品


maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_01
メーカーフェア東京2014、ベルギーを拠点とする3Dプリントサービスビューロであるi.materialiseブースを訪問してみました。
目に飛んできたのがボディーが3Dプリンターで造形されたミニカー。いずれ車の外装が3Dプリントされるようになると、デザインはここまで自由なものになるのかもしれません。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_02
i.materialiseといえば、17種類の素材を選択と、70種類のカラーテョイスが可能という、豊富なラインナップで3Dプリントができるのが特徴です。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_03
電子工作用の専用ケース。3Dプリンターによるケース製造ならデザインの自由度はここまで奇抜なもまで実現可能です。
3Dプリンターじゃなきゃできないカタチですが、見た目は3Dプリンターで作られているとは感じられないくらいの完成されたケースでした。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_04
透明樹脂で3Dプリントされたカエル
この透明度はアクリルのソレとは違い、独特な透き通る質感でした。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_05

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_06
もう一つi.materialiseといえば、セラミックの3Dプリントができるということ、真鍮やステンレスの3Dプリント品はとても珍しいです。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_07
そして単なる金属3Dプリントというわけでなく精巧なのです。虫眼鏡で拡大した造形品。

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_08

maker_faire_tokyo_2014_imaterialise_09
いずれは3Dプリンターで製造されたアクセサリーが普通にショーケースに並ぶ日もそう遠くはなさそうですね。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player