Maker Faire Tokyo 2014 会場で見かけた面白いものづくり


メーカーフェア東京2014の会場内で見た面白いものづくりについていくつか写真を載せて紹介したいと思います。

maker_faire_tokyo_2014_etc_01
モビルスーツ的なもの、よくテレビでは見かけますね。

maker_faire_tokyo_2014_etc_02
将棋台にも見えますが、立体的な芸術作品、動画でご覧ください


iPadにいくつかのパターンが記録されており、再生することができる他、iPad上のボタンを押すとその場所のブロックが浮かび上がってくる面白いデバイスです。

maker_faire_tokyo_2014_etc_03
スターウォーズのR2D2、現在は動きませんがいずれ動くようにするとのことです。

maker_faire_tokyo_2014_etc_04
メーカーフェアでは3Dプリンターの展示が多かったのですが、付加製造ではなく除去製造法であるマシニングセンターなどの切削加工機も数多く展示されておりました。

maker_faire_tokyo_2014_etc_05
アルミまで切削できる主軸の強さ。このコンパクトボディーでこの金属を削る強度を出している所が凄いですね。

maker_faire_tokyo_2014_etc_07
小型の切削加工機といえばローランドさん。最近は光造形機などもリリースしていますが、切削加工機のラインナップはかなり充実しております。

maker_faire_tokyo_2014_etc_06
明和電機さん、ロボジーを思わせるようなこの独特な昭和のレトロ雰囲気が大好きです。

maker_faire_tokyo_2014_etc_08
近づくと飛び出てくるさらし首(笑)
Arduino、ラズベリーパイ、レーザーカッター、ウェブカメラなどにより製作。これぞデジタルファブリケーションですね。

maker_faire_tokyo_2014_etc_09
ボードゲームをやっている人には興味深いアイテムなのではないでしょうか?世界中のゲームを合体させたもの。将棋とかチェスとか中国のゲームなどが一緒になったゲームです。

maker_faire_tokyo_2014_etc_10
レーザーかターで作られたエッフェル塔

maker_faire_tokyo_2014_etc_11
スマートフォンを数十台使用した3Dスキャナ、123DCatchの原理です。撮影された複数の写真をクラウド上で計算させて3Dデータを作成するものです。
360度に配置されたカメラを使うことにより、スキャン中の身動きの自由度が高くなります。

maker_faire_tokyo_2014_etc_12
3Dプリントで製作されたミニ四駆、赤黒の組み合わせがとても素敵です。

maker_faire_tokyo_2014_etc_13
スマートロック
スマートフォンアプリと内部のマイコンを連動させて使用できる近未来的デバイス

maker_faire_tokyo_2014_etc_14
去年メディアで話題になった3Dプリンターで作ったヤドカリの宿

maker_faire_tokyo_2014_etc_16
先日札幌でやんツーさんに見せて頂きましたジャスティン・ビーバーの3D模型

maker_faire_tokyo_2014_etc_15
これはインターネットの画像検索で集めた画像だけを123DCatchで合成したモデルです。
人物名の他に撮影された日にちや、色のキーワードを入れることにより色々な角度の写真をダウンロードすることができます。
有名人や有名なものであればスキャンを行わなくても3Dデータを作ることができるかもしれません。

maker_faire_tokyo_2014_etc_17
3Dプリンターで作られた衣装、布とは違ってカッチリするので独特です。ファッションショー的な雰囲気ですね。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player