日本技術情報センター開催のセミナーにて


2014年10月24日、日本技術情報センターにて開催されたセミナーに参加してきました。
セミナー内容は「DMM.comが「DMM.make AKIBA」で新展開する斬新なサービスと『ものづくりプラットフォーム』の全貌」というお題で、株式会社DMM.com 3Dプリント事業部長である白井秀範さんを講師として現在のサービスと今後の展開について色々なお話を聞くことができました。
その際に白井さんが持ってきていた3Dプリント品のサンプルを紹介したいと思います。

dmm_3d_print_sample_01
マイホーム模型、気軽に導入できるマイホーム作成ソフトのデータをサイトにアップすれば、DMM側で3Dプリントデータを作成しフルカラープリントして届けてくれる画期的なサービスです。

dmm_3d_print_sample_02
こちらも石膏フルカラー3Dプリント、データは123D CatchつまりiPhoneアプリでスキャンしたデータをもとに3Dプリントした造形品です。
裏側や頭頂部までは形状になっていませんがここまで再現されていればかなりリアルかと思います。

dmm_3d_print_sample_03
同じく人の形ですがこれはアクリル樹脂を使った3Dプリントです。高精細な3Dプリント品向け

dmm_3d_print_sample_04
これは北野たけしさんが持っていたあのリンゴです。もちろん石膏製なのでリアルリンゴを想像しながら持つと重たいです。

dmm_3d_print_sample_05
かじったあとも(笑)

dmm_3d_print_sample_06
カラープラスチックの色見本、コチラのプリンターは法人向けプリンター、このカラーラインナップから色を選ぶことが可能です。

dmm_3d_print_sample_07
ナイロン3Dプリントは機構部に弾力があり、爪の部分もカチッとハマります。

dmm_3d_print_sample_08
これはバッテリーケースのモックアップですが、嵌合や機構は樹脂成形品と変わらない使用感があります。
個人的に以前この3Dプリンターを使って工業製品のモックアップを製作していたので、この質感が懐かしいです。

dmm_3d_print_sample_09
こいった機構部の設計が弊社は得意なのです。

dmm_3d_print_sample_10
PIXIVのロゴが入ったアニメキャラクターフィギュアもありました。

dmm_3d_print_sample_11
偶然なのですが、後日六本木ヒルズに行った際にPIXIV祭が開催されており、同じフィギュアが数千個展示してあるのを目撃

dmm_3d_print_sample_12
ナイロンプリンターで大量生産したのだと推察されますが、それにしても凄い量です。

dmm_3d_print_sample_13
石膏フルカラーに戻りますが、人魚モデルも海外製フリー3D-CADでカンタンに作ることができます。人+馬とか可能性は無限です。

dmm_3d_print_sample_14
裏側

dmm_3d_print_sample_15
金属による3Dプリントアクセサリー、金属の場合はワックスを光造形する3Dプリンターでマスターを製作後ロストワックス法で製作するやり方と、純粋な金属光造形による製造方法の2種類があります。

dmm_3d_print_sample_16
電車の模型をアクリルで3Dプリントしたものです。
電車の模型で非売品のものを自作するマニアが存在するみたいです。電車は外から見れば同じようでも、中身の仕様が微妙に違ったりするみたいです。その細部を忠実に再現したい人は自分で3Dデータを作成し模型を3Dプリントするみたいです。

dmm_3d_print_sample_17
唯一無二の自分だけの電車模型、電車に限らずですが、デジタルファブリケーションは物を買う時代からものを作り出す時代へと変化させていると感じます。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player