名寄市にて土木施工科学習プログラム講師をさせて頂きました


cpds_program_seminar_lecturer_nayoro_01
(写真提供:林様)
2016年4月6日、名寄市にて土木施工科(全国土木施工管理技士会連合会継続学習制度)対応学習プログラムの講師をさせて頂きました。
今回の学習テーマは3Dプリンター、土木構造物の3Dプリント、CIM(Construction Information Modeling)と3Dプリンターの関係など、合計6時間のユニットを担当しました。

cpds_program_seminar_lecturer_nayoro_02
(写真提供:林様)
受講生は土木施工者40名なので、土木に関することを100%話すことができれば良かったのですが、お題が3Dプリンターであったため、3Dプリンターの基礎から応用、歴史、活用方法まで細かく解説。それでも受講生の皆様は興味深く話を聞いて頂き、充実した内容の講習になったのではないかと思います。

来週4/13は同じ内容で場所を変え、士別市にて講習を担当させて頂きます。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player