椅子の滑り止めを3Dプリンターで作ってみました


chair_stoper_project_01
代表田村が自宅いつも利用しているソファーです(写真右奥の黒いソファー)が、フローリングにおいているせいでちょっとした外力で位置がズレてしまいます。
そこでホームセンターに売っているゴムと3Dプリンターを使ってオーダーメイドのソファーすべり止めを製作することにしました。

chair_stoper_project_00
購入したのは一般的なホームセンターで購入できるゴムパーツ。ちなみにホーマックで購入しました。
ソファーの足は4本ですので4つ用意します。

chair_stoper_modeling_01
次にSolidWorksを使ってゴム板と足を固定するパーツをモデリングします。
ゴムパーツとソファーの足の寸法をノギスで計測し、寸法を決めていきます。

chair_stoper_modeling_02
ゴムと製作するパーツの固定はゴムの弾性を利用するため、わざと干渉させいます。
この干渉具合でキツかったり緩かったりが決まります。

chair_stoper_modeling_03
面取りやフィレットを付けて微調整しパーツの3Dプリンターをモデルが完成しました。

chair_stoper_project_03
まずは1個だけ3Dプリントします。最初から全て作って失敗すると痛いですから。

chair_stoper_project_04
3Dプリント品にゴムパーツをはめてみました。

chair_stoper_project_05
ゴムパーツをはめてみるとシックリハマりまして、逆さまにしても落ちない絶妙なキツさです。

chair_stoper_project_06
そのまま量産し残りの3つを3Dプリントプリントします。

chair_stoper_project_07
chair_stoper_project_08
すべて3Dプリント完了しました。
造形時間は4個で5時間程度、素材はPLAブラック、積層ピッチは0.25mm、ノズル径φ0.5mm

chair_stoper_project_09
すべり止めストッパーが4個揃いました。3DプリンターとDIYパーツの融合ですね。
早速ソファーの足に取り付けました。

chair_stoper_project_10
今までソファー下で背中をつけて座ると、その重みでズレていたソファーが微動だにしなくなりました(^^)v

このように今後雑貨のモディファイをたくさん行う予定ですので、ご期待ください。
弊社は個人的に黒が好きなので、黒いフィラメントはたくさん購入しておきました(笑)


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player