カバンを3Dプリンターで理想形状にカスタマイズ


business_bag_3dprint_customize_01
写真のバッグ札幌市にお住まいの個人Tさんご愛用のソメスサドル製ビジネスバッグです。
一般的な自立式のバッグとは違い、床などに置くとバッグ自身が形状を維持できずフニャフニャの状態でした。
今回はTさんのバッグを数日間お預かりしてこのバッグを一般的な自立式シャッキリバッグにカスタマイズするお話です。

business_bag_3dprint_customize_02
まずはカバンの内寸を測定しそれに合致した骨組みを設計します。今回骨に採用したのがφ9mmのアルミ中空パイプ、肉厚は1mm程度ですのでとても軽量です。
そしてそのアルミパイプを接合しているのが3Dプリンターで作られたジョイント部品です。
XY平面を底面とするなら、XZ平面とYZ平面にはそれぞれ独立したテーパーが付き、単純な四角形状にはなりません。SolidWorks上でテーパーを微妙に調整し寸法を合わせ、それに合うジョイント部品を設計します。

business_bag_3dprint_customize_03
ジョイント部品を3Dプリントします。穴は精密に仕上げたいので仕上げはドリルで仕上げております。

business_bag_3dprint_customize_04
アルミパイプとジョイント部品を結合していきます。

business_bag_3dprint_customize_05
四角形になるだけで物凄い強度です。

business_bag_3dprint_customize_06
SolidWorks上でシミュレーションした通りの骨組みが完成しました。

business_bag_3dprint_customize_07
テーパー形状の構造をしているため、カバンの中に骨組みを入れるのにとても苦労しましたがなんとか骨組みとドッキング。

business_bag_3dprint_customize_08
骨組みとカバン内部の固定にここのベルトを利用します。

business_bag_3dprint_customize_12
ベルトを利用するためにSolidWorksで3分モデリング。

business_bag_3dprint_customize_09
3Dプリントデータを作って45分て3Dプリントプリント完了。構造的にサポートが付いてしまうので時間がかかりました。

business_bag_3dprint_customize_10
穴にベルトを通して、先端をアルミ棒に固定します。

business_bag_3dprint_customize_11
生まれ変わったバッグ。シャッキっと自立し同じバッグとは思えないフォルムになりました。アルミの中空パイプを使ったお陰で重さもほとんど変わることなくカスタマイズ。
カバンの持ち主のTさんにもとても喜んで頂けました。
今まで締まりにくかったチャックのコーナー部分、骨組みのガイド効果で簡単に閉まるようになりました。
このカバンはビジネスバッグなのですが、形状も良くなり商売運も向上すること間違いないでしょう!


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player