iPhone5用ギアケースを3Dプリントしてみました


iphone5_gear_case_01
3Dプリンター関連の企業なんだからiPhoneケースだって3Dプリンターで作ったやつ使っているんでしょ?というイメージですが、決してそうではなく2年近く市販品を使用しておりました(=o=;)
そんな訳で2年使用したiPhoneケースはボロボロになっており、耳に当たる部分が痛い時がありましたので、新しいiPhoneケースを3Dプリントしてみました。

iphone5_gear_case_02
ノズル径は0.5mmですので粗い造形ですが、強度は十分です。

iphone5_gear_case_03
造形は2回に分けて行いましたがトータルで3時間程度で終わりました。
組み立てるとこんな感じでギアがつながったデザインになっております。ちゃんと全てのギアが連動して動きます。(1つだけゼネバホイール)

iphone5_gear_case_04
iPhoneは反対側に入ります

iphone5_gear_case_05
iPhone5を入れてみました。ケースが変わるだけで心機一転的な気持ちになれます(^_^)
表から見るとビジュアル的には普通のiPhoneケースですね。

iphone5_gear_case_06
ギアが入る部分があるため、従来のケースよりも厚みが出てしまいますが、他にないこの独特な機械的雰囲気がとてもお気に入りです。
3Dプリンター業界の人は今更感が強いかと思いますが、ご容赦くださいm(__)m

kaigai_ver_case
ちなみにこのケースは、ギアやピンの部分だけ色を変更してカスタムメイドも可能です。
データをオープンソースにしている海外の人はこんな感じでギアの部分を赤にしてカスタマイズしておりました。


Copyright(c) Sapporo Solid Data Service Co.,Ltd All Rights Reserved.
Get Adobe Flash player